南野陽子「私を抱いてそしてキスして」のヌードシーン

  • 日本
  • 1992年

みなみのようこ 1967年生(49歳 身長162cm.B78.W52.H82 - ドラマ「スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説」「はいからさんが通る」など、代表作は数知れず。「笑っていいとも」のレギュラーに抜擢された2007年頃に再ブレイクしテレビへの出演が多くなる

私を抱いてそしてキスして パッケージ画像

ヌードの解説

南野陽子さんが大胆に肌を見せているシーンは3箇所あり、うち2箇所で乳首が確認できます。

ひとつ目はシャワーシーンです。シャワーに打たれる南野さんを右斜め後ろから撮影していて、腰から背中、横乳、顔が一画面に収められています。明るいシーンですが、乳首は見えていません。

ふたつ目は赤井英和さんとの濡れ場です。正常位、女性上位で行われるセックスは約30秒続き、南野さんの乳首を5秒程度見ることができます。時折鳴り響く雷とわずかな明かりしかない部屋で行われ、南野さんのヌードはシルエットのようになっています。

みっつ目も赤井英和さんとの濡れ場です。ふたつ目の濡れ場と比べると若干明るくなり、南野さんの肌の色や乳首の色がはっきりわかります。ただ、この濡れ場もふたつ目と同様に全体の尺に対して乳首が見えている時間はわずかで、内容もソフトなので、全体的に物足りなさを感じます。

私を抱いてそしてキスしてに出演している女優

備考(作品の総評や写真集情報など)

エイズをテーマにしている教科書のような作品です。製作当時と現代では、エイズを取り巻く状況は大きく変わっていますが、病気に関する基本情報や感染の流れ、患者の苦悩など、基本的な情報を知るということであれば今でも十分通用する映画だと思います。

南野陽子は、ほかにも登録作品があります

  • 寒椿(1992)
  • 私を抱いてそしてキスして(1992)
この画像のライセンスについて

DVDの詳細情報

作品名:
私を抱いてそしてキスして
監督:
佐藤純弥
出演:
南野陽子 / 赤井英和 / 南果歩 / 三浦友和
発売日:
2004年1月21日
収録時間:
106分
  • Amazon.co.jpでレビューを見る

イメージ画像・フィルモグラフィ(外部サイト)

  • タレント情報
  • 公式サイト
  • Mr.Skin - 南野陽子
  • Wikipediaでプロフィールを見る

関連するタグ一覧