喜多嶋舞「人が人を愛することのどうしようもなさ」のヌードシーン

  • 日本
  • 2007年
  • R18+

きたじままい 1972年生(45歳 身長163cm.B85.W58.H86 - 顔からは想像できないエロティックな身体。両親や親戚に芸能関係で働く者が多く前夫は元光GENJIの大沢樹生。2度目の結婚以降はしばらく芸能活動を休止していたが2011年NHKケータイ発ドラマ「金魚倶楽部」で復帰している。映画「ITバブルと寝た女たち」「釣りバカ日誌6」などに出演

人が人を愛することのどうしようもなさ パッケージ画像

ヌードの解説

最初から最後までヌード三昧の映画です。そのヌードシーンのほとんどは喜多嶋舞さんのもので、その合間にモデル・美景さんのヌードがあるといった感じです。

自慰、フェラチオ、アナルセックス、SM、コスプレなど、ありとあらゆるセックスが描かれていて局部ギリギリのカットも多いです。もちろんアンダーヘアは見えています。どれもこれもインパクトの強い濡れ場ばかりですが、特に印象的だったのは建物の屋上で行われる自慰行為です。浴衣の帯で手足や胸を縛られた喜多嶋さんが、自分の股間に食い込む帯の末端を口でくわえ、悶え、感じます。それを見ている男も自慰にふけり、絶頂に達したところで激しくお互いを求め合います。

シャープな顔立ちも手伝い、一見すると細身で胸も小さいのかなと思いがちな喜多嶋舞さんですが、ボリュームのあるきれいな胸をしています。張り具合もとてもよく、非常にエロティックです。

人が人を愛することのどうしようもなさではこの女優も脱いでいます

人が人を愛することのどうしようもなさに出演している女優

備考(作品の総評や写真集情報など)

美景の備考に記載。

喜多嶋舞は、ほかにも登録作品があります

この画像のライセンスについて

DVDの詳細情報

作品名:
人が人を愛することのどうしようもなさ
監督:
石井隆
出演:
喜多嶋舞 / 津田寛治 / 永島敏行 / 美景 / 竹中直人
発売日:
2007年11月21日
収録時間:
117分
  • Amazon.co.jpでレビューを見る

イメージ画像・フィルモグラフィ(外部サイト)

  • タレント情報
  • 公式サイト
  • Mr.Skin - 喜多嶋舞
  • Wikipediaでプロフィールを見る

[PR] 喜多嶋舞に関連するDVD・映画