森下愛子「人生劇場」のヌードシーン

  • 日本
  • 1983年

もりしたあいこ 1958年生(59歳 身長160cm.B82.W58.H84 - 東京都出身の女優。1977年、映画「地獄の天使・紅い爆音」で映画デビュー。80年代半ばまでに出演した映画の多くでヌードになっている。芸能活動を一時休止していた時期もあるが、2000年代に入り宮藤官九郎が手掛けるドラマや映画に出演したことで再び脚光を浴びた。夫は吉田拓郎。代表作はドラマ「うぬぼれ刑事」「タイガー&ドラゴン」「木更津キャッツアイ」など

人生劇場 パッケージ画像

ヌードの解説

森下愛子さんは、永島敏行さんとの濡れ場でヌードになっています。

肩を寄せ合い、キスを交わし、きれいなピンク色の長襦袢を脱がされ、胸を揉まれる、という流れが1分程度の尺で描かれていて、乳首が見えているのは約30秒間です。セックスの描写はありませんが、長襦袢のピンクにも負けないような美しい左胸を何度か揉まれる様子を見ることができます。

人生劇場ではこの女優も脱いでいます

人生劇場に出演している女優

備考(作品の総評や写真集情報など)

ちょいエロの関連記事:
松坂慶子 映画「人生劇場」のヌード解説を追加。中井貴惠は新規登録、森下愛子は修正

森下愛子は、ほかにも登録作品があります

この画像のライセンスについて

DVDの詳細情報

作品名:
人生劇場
監督:
深作欣二、佐藤純彌、中島貞夫
出演:
永島敏行 / 松坂慶子 / 三船敏郎 / 中井貴惠 / 森下愛子
発売日:
2011年1月21日
収録時間:
138分
  • Amazon.co.jpでレビューを見る

イメージ画像・フィルモグラフィ(外部サイト)

  • タレント情報
  • Mr.Skin - 森下愛子
  • Wikipediaでプロフィールを見る

関連するタグ一覧

[PR] 森下愛子に関連するDVD・映画