濱田マリ「血と骨」のヌードシーン

  • 日本
  • 2004年
  • R15+

はまだまり 1968年生(48歳 身長152cm - モダチョキ時代はツインテールがトレードマーク。特徴のある声と関西弁の語り口が人気となりバラエティやドキュメンタリーのナレーションをすることが増えた。映画「LIAR GAME」「純喫茶磯辺」ドラマ「URAKARA」などに出演

血と骨 パッケージ画像

ヌードの解説

モダンチョキチョキズのボーカルだけでなく女優としても活躍している濱田マリさんですが、血と骨ではいつもの明るいイメージとは違った色っぽい一面も見せてくれます。

お相手のビートたけしさんに胸を揉まれたり、舐められたり、足を持ち上げられたりと結構激しい濡れ場になっています。

血と骨ではこの女優も脱いでいます

血と骨に出演している女優

備考(作品の総評や写真集情報など)

血と骨は鈴木京香さんが汚れ役をこなしているということで話題になった作品ですが、基準を満たしていないので鈴木京香さんの濡れ場は取り上げません。しかし、ビートたけしさんに無理やり犯されるシーンでは何度か胸を揉まれて(触られて)いますし、セクシーな太腿も見せてくれます。

イメージ画像・フィルモグラフィ(外部サイト)

関連するタグ一覧