街田しおん「エロス番長2 ラブ キル キル」のヌードシーン

  • 日本
  • 2004年

まちだしおん 1971年生(45歳 身長168cm.B85.W61.H85 - テレビへの出演が少ないので一般の認知度は高くないが映画では主役を務めることもある。毎日のように更新されるブログからは優雅な生活を送っていることがうかがえる。代表作は映画「ヒトリマケ」「大日本人」など

エロス番長2 ラブ キル キル パッケージ画像

ヌードの解説

前半にあるシャワーシーンでもヌードはありますが、ラブ キル キルでの一番の見せ場は何といっても津田寛治さんとのハードな濡れ場にあります。
(その前戯とも言える映画館での太ももタッチもかなりエロティックですが…)

一方的に街田しおんさんに好意を持った津田寛治さんが、愛葉るびさんを使って接近するというストーリーなのですが、最終的には街田さんを”モノ”にして濡れ場へ突入します。最初は拒んでいる街田しおんさんも、ほろ酔い気分なのですぐに抵抗を止め津田さんとのセックスを楽しみ出します。

恋焦がれた女性のブラジャーを初めてはずす瞬間、乳首が見えるか見えないかのギリギリのラインで一旦手を止めて間を作る津田さんの演技には脱帽です。1秒にも満たない微妙な間ですが、男心がよく表現されています。濡れ場.comは、女優の乳首が見えるかどうかを掲載基準のひとつにしていますが、(乳首を)見る側の男性も見られる側の女性もやはりそのラインがひとつの基準になっていることがわかるとても良いシーンです。

備考(作品の総評や写真集情報など)

麻白さんや水原香菜恵さん、愛葉るびさんのヌードも登場しますが、愛葉さんはAV女優、ほかの二人は有名女優ではないため未掲載。

今まで観たエロス番長シリーズで一番面白いです。切ないと思わせるシーンも盛り込まれているのですが、それをかき消し飲み込んでしまうぐらいの面白さがラブ キル キルにはあります。最後の5分間は大爆笑間違いなし!!

街田しおんは、ほかにも登録作品があります

この画像のライセンスについて

DVDの詳細情報

作品名:
エロス番長2 ラブ キル キル
監督:
西村晋也
出演:
津田寛治 / 愛葉るび / 松田祥一
発売日:
2005年5月27日
収録時間:
91分
  • Amazon.co.jpでレビューを見る

イメージ画像・フィルモグラフィ(外部サイト)

  • 公式サイト
  • 公式ブログ
  • Mr.Skin - 街田しおん
  • Wikipediaでプロフィールを見る