クロエ・セヴィニー「ウーマン ラブ ウーマン」のヌードシーン

  • 原題/英題: If These Walls Could Talk 2
  • アメリカ
  • 2000年

Chloe Sevigny 1974年生(43歳 身長173cm.B91.W61.H89 - 映画「ブラウン・バニー」でヴィンセント・ギャロの性器を咥えるシーンが話題となる。V・ギャロから直接オファーを受け二つ返事で答えたとのこと。映画「マップ・オブ・ザ・ワールド」「ゾディアック」などに出演

ウーマン ラブ ウーマン パッケージ画像

ヌードの解説

ウーマン ラブ ウーマンはオムニバス形式の3部作で、すべてレズビアンをテーマにした作品が収められています。クロエ・セヴィニーは第2部でミシェル・ウィリアムズとの濡れ場を見せてくれます。

男役(タチ)のクロエ・セヴィニーは普段から男性用の服を着用し胸にはサポーターのようなものを巻いて行動しているので、胸の大きさや体の輪郭がいまいちわかりにくいのですが、サポーターを取り裸になるとものすごくグラマーで驚かされます。

ウーマン ラブ ウーマンではこの女優も脱いでいます

クロエ・セヴィニーは、ほかにも登録作品があります

この画像のライセンスについて

イメージ画像・フィルモグラフィ(外部サイト)

  • IMDb.com - Chloe Sevigny
  • Mr.Skin - Chloe Sevigny
  • Celebrity Movie Archive - Chloe Sevigny
  • Twitter - Chloe Sevigny
  • Wikipediaでプロフィールを見る

関連するタグ一覧

[PR] クロエ・セヴィニーに関連するDVD・映画