丸純子「野獣(クーガ)の城 女囚1316」のヌードシーン

  • 日本
  • 2004年

まるじゅんこ 1976年生(41歳 身長153cm.B83.W58.H85 - ニュース番組のリポーターからセクシー女優へ華麗に転身。出演したオリジナルビデオの多くでヌードになっている

野獣(クーガ)の城 女囚1316 パッケージ画像

ヌードの解説

ほしのあきさん主演のオリジナルビデオ野獣(クーガ)の城 女囚1316は、ほしのあきさん以外の女囚はほとんどAV女優なのですが、そんな中になぜか丸純子さん(囚人番号1148)がいます。役が4番手、5番手あたりなので、注意深く観ていないとAV女優と同化してスルーしてしまいますが、同房の北川絵美さん、涼樹れんさん、桜井あみさん、飯沢ももさんとともにヌードシーンを何度も見せてくれます。

丸純子さんは、過去にニュース番組でリポーターをしていたことを売り文句にした写真集を発売していますが、現在は主にオリジナルビデオで活躍されており、出演した作品のほとんどでヌードを披露しています。

備考(作品の総評や写真集情報など)

北川絵美さん、涼樹れんさん、桜井あみさん、飯沢ももさんが、入浴シーンなどでヌードを披露しますが、AV女優のため未掲載。

ほかの「女囚」と名のつくオリジナルビデオとほぼ同等のストーリーで目新しさは全く見られません。負けん気の強い主役、囚人たちが一目置いているライバルの存在、入浴、全裸で放水、看守と女囚の濡れ場、獄中で親友になった友の死、囚人同士の強要された殺し合い、脱走計画というパターンです。

ほしのあきさんのセクシーシーンは、全裸で放水されるシーン(胸は手でガード)と房の中での下着シーンぐらいで、写真集やイメージビデオよりセクシーと感じるシーンはありません。

写真集

丸純子は、ほかにも登録作品があります

この画像のライセンスについて

DVDの詳細情報

作品名:
野獣(クーガ)の城 女囚1316
監督:
萩庭貞明
出演:
ほしのあき / 北川絵美 / 桜井あみ / デビット伊東
発売日:
2004年12月25日
収録時間:
83分
  • Amazon.co.jpでレビューを見る

イメージ画像・フィルモグラフィ(外部サイト)

  • タレント情報
  • Wikipediaでプロフィールを見る

関連するタグ一覧