エリカ「コンナオトナノオンナノコ」のヌードシーン

  • 日本
  • 2007年

えりか 1979年生(37歳 身長160cm.B79.W54.H82 - 顔のパーツがしっかりしている沖縄美人。美人だがコミカルな演技もうまくこなす。映画「アコークロー」「ワンダフルライフ」などに出演(別名: 小田エリカ)

コンナオトナノオンナノコ パッケージ画像

ヌードの解説

エリカさんがシースルーのネグリジェ姿で電話をしているシーンから映画が始まります。そのときは、細身でスタイルが良いわりに胸やお尻はしっかりと出ている印象を持ちましたが、実際に脱いでみると意外に微乳でした。

コンナオトナノオンナノコは、仕事をバリバリこなす女性(エリカ)とその元同僚で寿退社をした子持ち女性(桃生亜希子)の視点が交互に替わりながら展開してゆく、悩める大人の女性を描いた不思議な雰囲気の映画です。ちょっとエロティックな要素を含みつつも、あまり下品になりすぎないようにそのあたりはあっさりと流し、クスッと笑える部分を取り入れているあたりに親近感を覚えます。

その悩める女性のひとりエリカさんは、桃生亜希子さんの子供が描いた自分(エリカ)の絵を見たことがきっかけで母性に目覚め暴走します。その自分の気持ちを抑えきれない状態を表現するために、突如キッチンで自分の体を洗うシーンがあり、そこでヌードを見せてくれます。こんなヌードシーンの使い方もあるのだなと感心します。

下着姿や濡れ場のようなシーンもありますが、乳首が映るシーンは上記の一ヶ所のみです。

コンナオトナノオンナノコに出演している女優

備考(作品の総評や写真集情報など)

旧芸名は小田絵梨香または小田エリカ。

元同僚の主婦を演じている桃生亜希子さんは、トイレシーン、婦人科の診察や炎症を起こした陰部に薬を挿入するなど、シモを連想させるシーンが多く登場しますがヌードシーンはないです。キスシーンやエンディングでエリカさんとお互いの胸を揉みあるシーンはあります。

桃生亜希子さんの義理妹(名前不明)は、夫役である津田寛治さんに後ろから胸を揉まれるシーン(下着姿)があります。

ヌード写真集

エリカは、ほかにも登録作品があります

この画像のライセンスについて

イメージ画像・フィルモグラフィ(外部サイト)

  • 公式サイト
  • Wikipediaでプロフィールを見る

関連するタグ一覧