眞野裕子「レイクサイド マーダーケース」のヌードシーン

  • 日本
  • 2004年
  • R15+

まのゆうこ 1976年生(40歳 身長167cm - 事務所の先輩・黒木瞳のバーターでドラマに出演することが多い。映画「20世紀少年 -最終章- ぼくらの旗」ドラマ「同窓会 ~ラブ・アゲイン症候群」「リアル・クローズ」などに出演

レイクサイド マーダーケース パッケージ画像

ヌードの解説

役所広司さんと不倫関係であるということを短い時間の中で印象付けるために眞野裕子さんのヌードが登場します。

役所さんに腕まくらをされ、いかにもセックス後というシチュエーションなので、わざわざ眞野裕子さんのヌードを見せる必要はないように感じますが、その先にあるストーリーでどうしてもヌードにならなければいけないシーンがあるのでここでも脱がされたのでしょう。この映画の趣旨からすると、スタート直後のこのシーンのためだけならヌードはいらないはずです。

ミステリー映画なので「どうしてもヌードにならなければならないシーン」については詳しく書きませんが、中盤でもう一度あるそのシーンでは確実に全裸である必要があります。

テレビドラマに登場する眞野裕子さんは、ヌード写真集を出すようなキャラクターには見えないのですが、実際にはレイクサイド マーダーケースの翌年に「裕子」というヌード写真集も出しています。これだけきれいな裸体なら撮って残しておきたい気持ちもわかる気がします。

レイクサイド マーダーケースに出演している女優

備考(作品の総評や写真集情報など)

テレビドラマなどでよく見る女優なのですが、中心的な役を演じることが少ないので名前までは知りませんでした。掲示板で教えて頂いたあとで初めて顔と名前が一致しました。最近では、2008年秋にNHKで放送した一夜限りの舞台風コメディドラマ「ママさんバレーでつかまえて」のパート志望の女性役で見かけたのが印象的です(黒木瞳さんのバーターっぽいですが)。

日本映画のタイトルとしては珍しい印象を受けるレイクサイド マーダーケースを興味津々で鑑賞したのですが、そのタイトルの不気味さにマッチしたイレギュラーなサスペンスで2時間があっという間でした。批判的な意見を多く見るこの映画ですが、私は飽きずに楽しく観られました。

東野圭吾の小説を読んだこともなければ、それが原作となっているドラマや映画も意識して観たことがないのですが、こういった感じのものなのかと彼の評価の高さが垣間見えた気がします。(原作も読まず、この映画1本観ただけで軽々しくそんなことを言うなという批判はお止めください。)

ヌード写真集

DVDの詳細情報

作品名:
レイクサイド マーダーケース
監督:
青山真治
出演:
役所広司 / 薬師丸ひろ子 / 柄本明 / 鶴見辰吾
発売日:
2005年7月29日
収録時間:
118分
  • Amazon.co.jpでレビューを見る

イメージ画像・フィルモグラフィ(外部サイト)

関連するタグ一覧