イーディ・ファルコ「dot. ドット」のヌードシーン

  • 原題/英題: The Quiet
  • アメリカ
  • 2005年

Edie Falco 1963年生(54歳 身長165cm.B76.W61.H84 - ベリーショートなヘアスタイルがトレードマーク。代表作はドラマ「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」「ナース・ジャッキー」「ロー&オーダー」など

dot. ドット パッケージ画像

ヌードの解説

自分に見向きもしない夫を挑発するために、ガウンを脱ぎヌードになります。

皆それぞれにストレスを抱えている家族の話ですが、イーディ・ファルコは、夫が自分を女性として見てくれないということ、実の娘(エリシャ・カスバート)と夫が近親相姦であることを心に抱え、薬物に頼り生活をしている女性を演じています。

ラリッた様子はほとんど見せないのですが、ヌードになるシーンでは多少そういった雰囲気を見せています。

備考(作品の総評や写真集情報など)

エリシャ・カスバートの親友でアホな女子高生を演じているケイティ・ミクソンは、自分の胸をエリシャに見せ「私の乳首ってでかくない?」というシーンで胸を露わにしており、乳首が見えていてもおかしくない状況ですが、たぶん見えていません。何度かリプレイして確認しましたが一瞬なのでわかりませんでした。

エリシャ・カスバートは、彼女の出演するほかの作品と同じように下着姿で歩き回るシーンがたくさんあります。乳首ポチももちろんあります。「私、太った?」というセリフが何度か登場しますが、本当に太って見えます。役作りとは思えませんが、どうなのでしょうか!?

主演のカミーラ・ベルは、彼女に好意を持つ男の子と濡れ場がありますが、バックショットのヌードと肩から上のショットしかありません。

dot. ドットに出演している女優は、皆セクシーなシーンをこなしていますが、最も艶めかしく感じたのは、エリシャ・カスバートが(近親相姦の)実父の性癖や性行為を事細かに解説するシーンです。普通に服を着たまま話しているだけですが、エリシャから妙なフェロモンが出ているのでエロティックです。

原題はThe Quietで、聴覚障がい者のドット(カミーラ・ベル)が主役の映画ですが、なぜか日本版はエリシャ・カスバートを前面に出し、誤解を誘発するようなパッケージとなっています。派手なルージュをつけたエリシャ・カスバートが影のあるカミーラ・ベルに近づく、オリジナルパッケージの方がこの映画の内容にマッチしているように感じます。

イーディ・ファルコは、ほかにも登録作品があります

この画像のライセンスについて

DVDの詳細情報

作品名:
dot. ドット
監督:
ジェイミー・バビッド
出演:
エリシャ・カスバート / カミーラ・ベル / ショーン・アシュモア
発売日:
2007年3月21日
収録時間:
96分
  • Amazon.co.jpでレビューを見る

イメージ画像・フィルモグラフィ(外部サイト)

  • IMDb.com - Edie Falco
  • Mr.Skin - Edie Falco
  • Celebrity Movie Archive - Edie Falco
  • Wikipediaでプロフィールを見る

関連するタグ一覧

[PR] イーディ・ファルコに関連するDVD・映画