エヴァ・グリーン「ドリーマーズ」のヌードシーン

  • 原題/英題: I Sognatori / The Dreamers
  • イギリス イタリア フランス
  • 2003年
  • R15+

Eva Green 1980年生(37歳 身長168cm.B91.W61.H89 - 映画「007 カジノ・ロワイヤル」でボンドガールを演じ時の人となる。映画「ドリーマーズ」では双子の姉を演じているが実際に二卵性双生児の弟がいる。代表作は映画「ライラの冒険 黄金の羅針盤」「キングダム・オブ・ヘブン」など

ドリーマーズ パッケージ画像

ヌードの解説

パリにあるアパルトマン(家具付賃貸マンション)で繰り広げられる男女3人の奇妙な共同生活を描いたドリーマーズ

(以下、オリジナル版について書いています。日本版は性器部分に加工が施してあるはずなのでご注意ください。)
エヴァ・グリーンとルイ・ガレルは双子の姉弟。両親が不在のアパルトマンで姉弟に交じり複雑な共同生活を始めるアメリカ人がマイケル・ピット。オリジナル版ではこの3人全員の性器がスクリーンに映ります。

弟と姉がベッドで裸になり一緒に寝ているあたりから、奇妙な生活が見えてくるのですが、弟の見ている前でエヴァ・グリーンとセックスするところでマイケル・ピットも覚悟を決め、奇妙な3人のセックスワールドに突入します。
(ただし、マイケル・ピット本人は自分のイチモツがまともにスクリーンに映ってしまうのは嫌なようで、アップで映るシーンはボディ・ダブル、それ以外は極力何かで隠すようにしています。そのためなのか、エヴァ・グリーンとの最初の濡れ場でも奇妙な動きをします。全く映らないわけではなく、一瞬映るシーンもあります。)

エヴァ・グリーンは、さすがフランス人女優という堂々とした態度で股間部分のアップもこなしています。足元から顔までなめるようなカットなので自然にスッと流れていきますが、陰毛の中にしっかりと割れている部分が見えます。

ほとんど色素のないきれいなピンク色をした乳輪と形の良いエヴァ・グリーンの胸は頭に焼いて離れないほどきれいです。

備考(作品の総評や写真集情報など)

エンドロールが上から下に流れる珍しい映画です。

現在、日本で流通しているドリーマーズ R-18ヴァージョンは、いわゆるヘア無修正版と同じではないかと思うので、可能ならばオリジナル版を観た方が良いと思います。

エヴァ・グリーンは、ほかにも登録作品があります

この画像のライセンスについて

イメージ画像・フィルモグラフィ(外部サイト)

  • IMDb.com - Eva Green
  • Mr.Skin - Eva Green
  • Celebrity Movie Archive - Eva Green
  • Wikipediaでプロフィールを見る

[PR] エヴァ・グリーンに関連するDVD・映画