オルガ・キュリレンコ「蛇男 THE SNAKE」のヌードシーン

  • 原題/英題: Le Serpent
  • フランス
  • 2006年

Olga Kurylenko 1979年生(38歳 身長178cm.B86.W58.H89 - 映画「007 慰めの報酬」でボンドガールを演じたウクライナ出身のモデル兼女優。代表作は映画「センチュリオン」「マックス・ペイン」「パリ、ジュテーム」など

蛇男 THE SNAKE パッケージ画像
映画の公式サイト

ヌードの解説

オルガ・キュリレンコが亀甲縛りをされるシーンがあることは事前に知っていたのですが、どんな状態からそんなシーンになるのか興味津々で鑑賞したところ…。

一人の男性が詐欺・恐喝グループにだまされ、生活をめちゃくちゃにされるというストーリーなのですが、その恐喝グループのメンバーにオルガ・キュリレンコがいます。恐喝の基本的な手口は、オルガ・キュリレンコが男と関係を持ち、それを撮影し、脅し金を巻き上げるというもので、はじめのほうに出てくる老人とのセックスシーンも、その手口の典型的なものを見せるためのものです。このシーンでも乳首は映ります。

恐喝グループの巧みな罠は、幾重にも仕掛けられており、それをなぞるとややこしくなってしまうので書きませんが、薬を盛られ足がおぼつかない状態のイヴァン・アタル(主演俳優)は、犯人たちによって、より凶暴で変質的なレイプ犯に見せかけるためにでっち上げの写真を撮られます。その写真が、オルガ・キュリレンコを縄で縛りあげ、犯しているような写真だったわけです。

団鬼六作品以外で亀甲縛りが見られるとは思いもよらず、それがボンドガールも演じた世界的に有名な女優だったので感慨も一入です。

亀甲縛りに関係ありそうなタグ

備考(作品の総評や写真集情報など)

イヴァン・アタルの妻を演じているミンナ・ハーパキュラは、背中やお尻が見えるシーンがあります。

何度か観たことがあるような設定の蛇男 THE SNAKEですが、前半の1時間はどんどんはまってゆくイヴァン・アタルをわが身に置き換え観たのでとても息苦しく、早くこの息苦しさから開放してくれと思いながらあっという間に過ぎて行きました。

途中でやや光が見えだし、この息苦しさから開放されるのかと思いきや、また振り出しに戻ったりして、最後の最後になるまで息苦しさが続く映画です。

ただし、1時間を過ぎたあたりから全く予想もしていなかった展開にガラッと話が変わるので、集中力も途切れぬまま最後まで観られました。

DVDパッケージでは、オルガ・キュリレンコが真ん中を陣取っており重要な役割を担っているような印象を与えますが、どちらかというと端役なので後半は全く出演シーンがありません。

オルガ・キュリレンコは、ほかにも登録作品があります

この画像のライセンスについて

イメージ画像・フィルモグラフィ(外部サイト)

  • IMDb.com - Olga Kurylenko
  • Mr.Skin - Olga Kurylenko
  • Celebrity Movie Archive - Olga Kurylenko
  • Wikipediaでプロフィールを見る

[PR] オルガ・キュリレンコに関連するDVD・映画