ハオ・レイ「天安門、恋人たち」のヌードシーン

  • 原題/英題: 頤和園 / Summer Palace
  • フランス 中国
  • 2006年
  • R18+

Hao Lei 1978年生(38歳 中国、台湾で人気の女優。薄化粧のときは一青窈のように見えるが化粧をすると別人のように妖艶になる。代表作は映画「ウォーロード / 男たちの誓い」「白銀帝国」ドラマ「地下鉄(メトロ)の恋」「愛が訪れる時」など(漢字名: ?蕾)

天安門、恋人たち パッケージ画像
映画の公式サイト

ヌードの解説

恋人役のグオ・シャオドンとのツーショットヘアヌードも含め、数分おきに何度もヌードを見せてくれます。

大学入学前に交際していた男性との青姦シーンでは二人とも服を着たままなので、所詮はこの程度なのかとがっかりしたのですが、そこから始まる天安門、恋人たちのヌードショーは話が進むにつれ激しさを増し――ところかまわずセックスをするハオ・レイとグオ・シャオドンに、これがあの中国で制作された映画なのかと驚嘆します。

胸を揉まれるシーンはないのですが、対面座位のときに大きく上下に揺れるハオ・レイの胸から、とてもやわらかいのだろうということは容易に想像ができます。

天安門、恋人たちではこの女優も脱いでいます

備考(作品の総評や写真集情報など)

ハオ・レイと寮で同室のトントン(役名)は、ハオ・レイに自慰を教わるシーンで手ブラ状態になります。

邦題に「天安門」とつけたり、映画紹介でそれらしい文言が並べられているので、天安門事件がストーリーのメインになっているのかと思ったのですが、本編では「天安門」という言葉は出てきません。ただし、天安門事件の描写も多少あり、それがきっかけで恋人同士に決定的な亀裂が入ったという話なので「ずるい邦題」とまでは言えない――配給会社の勝利です。

天安門、恋人たちは、とにかく説明部分が少ないので、エピソードとエピソードの間にある空気を読み取り自分なりの解釈をしなくてはならず、また、俳優の顔も見慣れたものではないので、一度観ただけではついてゆくのがやっとな感じです。しかし、本題は一時期恋人同士だった二人がお互いを思いながら別々の道を歩むという非常にシンプルな話なので、そこだけを感じ、わき道にあるエピソードを無視すれば納得できる映画です。

私はこの映画を観て泣くことはなかったのですが、女性ならラストで涙が出てくるのではないでしょうか。

DVDの詳細情報

作品名:
天安門、恋人たち
監督:
ロウ・イエ
出演:
--
発売日:
2009年3月27日
収録時間:
140分
  • Amazon.co.jpでレビューを見る

イメージ画像・フィルモグラフィ(外部サイト)

  • IMDb.com - Hao Lei
  • Mr.Skin - ハオ・レイ
  • Celebrity Movie Archive - Hao Lei
  • Wikipediaでプロフィールを見る

関連するタグ一覧

[PR] ハオ・レイに関連するDVD・映画