ララ・ハリス「デス・ルーム」のヌードシーン

  • 原題/英題: Trapped Ashes
  • アメリカ 日本
  • 2006年

Lara Harris 1962年生(55歳 「フレンズ」「ER緊急救命室」「ロー&オーダー」など、人気TVシリーズに出演しているがいづれも脇役

デス・ルーム パッケージ画像

ヌードの解説

比留間由哲さんとの濡れ場でヌードになります。

オムニバス映画デス・ルームの第2話の舞台は日本で、「ジゴク」という言葉をキーワードにして進んでゆきます。夫の仕事で日本に着たララ・ハリスはパーティー会場で知り合った比留間由哲さんに惹かれるのですが、次に見た彼の姿は首を吊って死んでいる状態の姿でした。

死んだはずの比留間さんが夜な夜なララ・ハリスの床に現れ、彼女とのセックスを楽しむのですが…。夢中になっているララ・ハリスは全く気づかず上に乗って腰を振り続けますが、実は腐ったゾンビとセックスをしており、結局「ジゴク」へ連れてゆかれます。

グロテスクなシーンは多いのですが、ララ・ハリスはセクシーで素敵でした。

デス・ルームではこの女優も脱いでいます

デス・ルームに出演している女優

備考(作品の総評や写真集情報など)

ソリッド・エロティックスリラーなどと表現されているデス・ルームは、4つの独立したエピソードからなるオムニバス映画です。

取り上げなかった2つのエピソードでは、アメリア・クックやディアナ・ミリガンのセクシーシーンもあります。

ここで紹介している2つ目のエピソードに、婦人警官役で杉本彩さんが出演していますがセクシーなシーンはありません。

ララ・ハリスは、ほかにも登録作品があります

この画像のライセンスについて

イメージ画像・フィルモグラフィ(外部サイト)

  • IMDb.com - Lara Harris
  • Mr.Skin - Lara Harris
  • Celebrity Movie Archive - Lara Harris
  • Wikipediaでプロフィールを見る

関連するタグ一覧

[PR] ララ・ハリスに関連するDVD・映画