アンドレア・ランギ「レスラー」のヌードシーン

  • 原題/英題: The Wrestler
  • アメリカ フランス
  • 2008年
  • R15+

Andrea Langi 1975年生 テレビドラマに端役でゲスト出演することが多くドラマ版「セックス・アンド・ザ・シティ」にもシェイ役で出演している

レスラー パッケージ画像

ヌードの解説

ミッキー・ロークとの立ちバックシーンで巨乳がブルンブルンと揺れます。

ドクターストップによりやむなくプロレスを引退することになり、さらには、惚れているストリップダンサーのマリサ・トメイに罵られ、意気消沈してひとりで酒を飲んでいたランディ(ミッキー・ローク)の前に現れたアンドレア・ランギ。ランディのファンだったという彼女とランディは、飲み屋のトイレで覚せい剤を吸引し、そのままの勢いで激しい立ちバックを見せてくれます。

アンドレア・ランギの登場はこのシーンだけですが、ヒューマンドラマのおまけとしては十分過ぎる激しい濡れ場がとても印象に残ります。

レスラーではこの女優も脱いでいます

備考(作品の総評や写真集情報など)

マリサ・トメイの備考に記載。

アンドレア・ランギは、ほかにも登録作品があります

この画像のライセンスについて

イメージ画像・フィルモグラフィ(外部サイト)

  • IMDb.com - Andrea Langi
  • Mr.Skin - Andrea Langi
  • Celebrity Movie Archive - Andrea Langi

関連するタグ一覧