バルバラ・ネデルヤコーヴァ「ホステル」のヌードシーン

  • 原題/英題: Hostel
  • アメリカ
  • 2005年
  • R18+

Barbara Nedeljakova 1979年生(37歳 身長170cm.B86.W81.H91 - チェコスロバキア(現スロバキア)出身の女優。親しみのあるキュートな笑顔と美乳が素敵。映画「シャンハイ・ナイト」「ドゥーム」などに出演

ホステル パッケージ画像

ヌードの解説

スタートから30分間は、女優やエキストラのヌードが数え切れないぐらい登場します。最初はメモをとりながら観ていたのですが、シーンが替わるたびに次から次へと女性の裸が登場するので、途中からはバカらしくなりメモをとるのを止めたぐらいです。

アムステルダムで知り合った男性に、「スロバキアは、戦争続きで男性がいなくなり欲求不満の女性たちであふれかえっている。とくにアメリカ人はもてる。」と教わり、期待を胸にスロバキアに乗り込む二人のアメリカ人と一人のアイスランド人観光客。ヨーロッパ美人とヤリまくれると言われたものの半信半疑だった3人は、ホステルに着きすぐにその情報が正しいことを知る…。

スロバキアに着いた旅行客男性3人は、宿泊先のホステルでバルバラ・ネデルヤコーヴァとヤナ・カデラブコーヴァのロシア系美人二人組とルームシェアすることになります。初めから積極的な女性二人は、まずは混浴スパでトップレス姿を披露します。その後は、クラブで躍ったり、酒を飲んだりしながら、誰が誰のパートナーになるのかを決め、ホステルに戻りそのパートナーとセックスをすることになります。この濡れ場でも、二人の乳首は確認できます。

ヨーロッパ美人とセックスするという夢もかない満足感でいっぱいの男性たちですが、ここでパラダイスにいるかのような楽しい宴は終わります。このあとは背筋が凍るようなサディスティックホラーの世界へ…。

ホステル パート2でヌードになる女優

備考(作品の総評や写真集情報など)

ロシア系美人二人組のもうひとり、スベトラニャ役のヤナ・カデラブコーヴァ(Jana Kaderabkova)は、バルバラ・ネデルヤコーヴァと同じぐらいのポジションで、ヌードシーンもたくさん登場しますが、ホステル(パート1、パート2)以外に目立った活躍はないようなので未掲載。

ペトラ・クベショヴァ(Petra Kubesova、別名: Sandy Style)とポーラ・ワイルド(Paula Wild)は、ポルノ女優で出演時間も短いので未掲載。

製作総指揮のクエンティン・タランティーノと親交がある三池崇史監督が特別出演をしています。人間を惨殺して楽しむエリート・ハンティングの会員役。

グロテスクなシーンがある映画やホラー映画は苦手ですが、ホステルは直接的な映像が少ないので何とか最後まで観られました。ギリギリのところでシーンが切り替わるとわかってからは、気を張らずに安心して観られるようになりました(ホラー映画としては駄作なのか!?)。ホラー映画に付き物のセクシーシーンが30分間もあったことや、ペース配分、テンポの良さもあり、長くは感じませんでした。

イメージ画像・フィルモグラフィ(外部サイト)

  • IMDb.com - Barbara Nedeljakova
  • Mr.Skin - Barbara Nedeljakova
  • Celebrity Movie Archive - Barbara Nedeljakova