神楽坂恵「童貞放浪記」のヌードシーン

  • 日本
  • 2009年
  • R15+

かぐらざかめぐみ 1981年生(35歳 身長158cm.B92.W58.H87.Iカップ - 張りのあるパーフェクトな美巨乳。脱グラドル宣言以降の写真集、映画でヌードになる。映画「窓辺のほんきーとんく」ドラマ「嬢王3」などに出演

童貞放浪記 パッケージ画像
映画の公式サイト

ヌードの解説

三十路童貞男(山本浩司)の後輩である神楽坂恵さんは、筆おろしの相手に任命され、何度もヌードを見せてくれます。

神楽坂恵さんの胸を鷲づかみにして揉みまくるところやお互いが下半身を触りあうシーン、また、濡れ場における神楽坂さんの卑猥なセリフを見ると、映画のワンシーンとして濡れ場やヌードが登場するというよりは、彼女にこれらを演じさせることに比重が置かれた映画と考えたほうが良さそうです。想像していたレベルを完全に超越していました。

神楽坂恵さんは、童貞放浪記のヌードシーンについての質問の中で「必要な濡れ場なのでヌードになった」というような趣旨の発言をされていますが、必要以上のシーンが多く含まれます。本人は知ってか知らずか…。

卑猥なセリフもたくさん言わされています。いくつか紹介すると、パジャマに手を突っ込まれ下半身を触られるシーンで「もう、濡れちゃってるでしょ」。コンドームを着けてあげるシーンで「(イチモツが)ちょっと小っちゃくなっちゃったかな」。なかなか挿入できない山本浩司さんのイチモツを見て「口でして上げられれば良いんだけど、(フェラチオは)あまりやりたくなくって」など。

すべてが素晴らしい。体勢を変えるたびに次々と形を変化させる神楽坂恵さんの爆乳だけでも見ごたえは十分にありますが、そんな彼女のIカップ乳を山本浩司さんは遠慮もせずに揉んだり、口に含んだりするのでかなり興奮しました。

童貞放浪記ではこの女優もヌードになります

  • AYA(AV女優に転身後の出演)

童貞放浪記に出演している女優

グラビアアイドル時代によく共演していた女優

備考(作品の総評や写真集情報など)

風俗嬢役の結城リナ(別名: 結城マリエ)さん、ストリッパー役のAYAさん、冴島奈緒さんもヌードになりますがAV女優のため未掲載。AYAさんは、AV転向後の出演作品になります。また、現在、歌手活動を本業としている結城さんは、童貞放浪記がラストヌードになると宣言しました。

速水今日子さんは、胸を揉まれたり、手コキをするシーンがあります。ヌードシーンはありません。

童貞放浪記で感心したり、感動したりできたのは神楽坂恵さんの裸体だけです。ひとりの童貞男の生き様を描いているにも関わらず、心の動きや神楽坂さんと距離が縮まるところが全く描けていないのでリアリティが感じられません。編集も雑です。期待していた作品なのでがっかりしました。

ヌード写真集

神楽坂恵は、ほかにも登録作品があります

この画像のライセンスについて

DVDの詳細情報

作品名:
童貞放浪記
監督:
小沼雄一
出演:
山本浩司 / 神楽坂恵 / 堀部圭亮 / 古舘寛治 / 松井周
発売日:
2010年3月4日
収録時間:
98分
  • Amazon.co.jpでレビューを見る

イメージ画像・フィルモグラフィ(外部サイト)

  • タレント情報
  • 公式サイト
  • 公式ブログ
  • Wikipediaでプロフィールを見る

[PR] 神楽坂恵に関連するDVD・映画