ジュリアンナ・ギル「13日の金曜日」のヌードシーン

  • 原題/英題: Friday the 13th
  • アメリカ
  • 2009年
  • R15+

Julianna Guill 1987年生(30歳 身長163cm.B91.W58.H81 - 最高のくびれと美巨乳が絶品。ドラマ「グローリー・デイズ」「CSI:マイアミ」「新ビバリーヒルズ青春白書」など、テレビを中心に活躍する女優

13日の金曜日 パッケージ画像
映画の公式サイト

ヌードの解説

2009年版13日の金曜日で一番の見所は、ジュリアンナ・ギルとトラヴィス・ヴァン・ウィンクルの濡れ場と言っても過言ではないでしょう。とてもセクシーでエロティックな濡れ場です。

上に乗ったジュリアンナ・ギルの胸を揉んだり、眺めたりしながら、トラヴィスが「君の胸は最高だよ。大きさもバランスもパーフェクト!」というようなセリフを発するのですが、とても共感できます。

また、何でもビデオカメラに収めておかないと気がすまないキャラクターを演じているジュリアンナ・ギルが、激しいセックスをしている最中でもカメラを放さないところに演出家のこだわりを感じます。(ただ、この設定は何の意味もないのですが…。)

13日の金曜日ではこの女優も脱いでいます

備考(作品の総評や写真集情報など)

劇中に登場する雑誌にヌードの女性が載っています。

とくに目新しいところのない古典的なホラー映画です。ちょっとエッチな女性を含む陽気なグループが、踏み入れてはいけない場所に足を踏み入れ、数名は殺され、数名は生き残る。という物語。

はじめの方で殺される人物は、あっさり殺されるので、観ていてもあまり痛みを感じることはありませんが、後半に近づくにつれ、だんだんこちらにも痛みが伝わってくるような殺し方になります。

イメージ画像・フィルモグラフィ(外部サイト)

  • IMDb.com - Julianna Guill
  • Mr.Skin - Julianna Guill
  • Celebrity Movie Archive - Julianna Guill

[PR] ジュリアンナ・ギルに関連するDVD・映画