ホイットニー・エイブル「マンディ・レイン 血まみれ金髪女子高生」のヌードシーン

  • 原題/英題: All the Boys Love Mandy Lane
  • アメリカ
  • 2006年

Whitney Able B81.W69.H86 - 2006年頃に女優としてのキャリアをスタートさせ2008年には男性雑誌が選ぶホットな女優100に選ばれる。ドラマ「CSI: ニューヨーク」「ニキータ」にゲスト出演し順調にポジションを上げている

マンディ・レイン 血まみれ金髪女子高生 パッケージ画像

ヌードの解説

マンディ・レイン 血まみれ金髪女子高生は、若い男女が休暇で人里離れた別荘へ行き、その別荘でひとり、またひとりと何者かに殺されて行く典型的なホラー映画です。ホラー映画になくてはならない女性のヌードシーンは、ホイットニー・エイブルが担当しています。

別荘での長い夜を楽しむため部屋着に着替えるシーンでホイットニー・エイブルの乳首が見られます。シャツを脱ぎ、着けているヌーブラを外すとそこにはとても小さくてかわいらしい彼女の胸があります。全裸になった状態でゴソゴソと動くので胸の大きさや乳首の形ははっきりわかります。

また、ヌードになるわけではありませんが、放尿シーンと自分の陰毛をはさみでカットするシーンもあります。

マンディ・レインに出演している女優

備考(作品の総評や写真集情報など)

男性と思い出の一夜を過ごそうと積極的に動くメリッサ・プライスのフェラチオや手コキシーンがあります。そんなことをしているのだろうなとわかる程度でヌードや濡れ場はありません。

アンバー・ハード、ホイットニー・エイブル、メリッサ・プライスの水着シーンがあります。

学園のマドンナであるにも関わらず誰からの誘いも受けないマンディ・レイン(アンバー・ハード)をみんなが口説き落とそうと争奪戦になります。誰かが口説き落として濡れ場になることを期待しながら観ましたが、そういったシーンはありませんでした。アンバー・ハードは、着替えシーンで背中側からのヌードと横を向いたときに少し見える横乳が見える程度です。

ストーリーは、結構しっかりできていると思います。最後にあるどんでん返しもギリギリまでそのことに気付かず、ちょっと悔しい思いをしました。思い返せば、たしかにおかしなところはいくつもあったのに…。

ホイットニー・エイブルは、ほかにも登録作品があります

  • マンディ・レイン 血まみれ金髪女子高生(2006)
  • 未確認情報
この画像のライセンスについて

イメージ画像・フィルモグラフィ(外部サイト)

  • IMDb.com - Whitney Able
  • Mr.Skin - Whitney Able
  • Celebrity Movie Archive - Whitney Able

関連するタグ一覧

[PR] ホイットニー・エイブルに関連するDVD・映画