キーリー・ヘイゼル「フローズン・タイム」のヌードシーン

  • 原題/英題: Cashback
  • イギリス
  • 2006年
  • R15+

Keeley Hazell 1986年生(30歳 身長168cm.B91.W61.H91 - 童顔美巨乳で世界中の男性をとりこにするイギリス出身のセクシーモデル。イギリスの男性向け雑誌「FMH」が選ぶ最もセクシーな女性ランキングで常に上位をキープしている

フローズン・タイム パッケージ画像

ヌードの解説

「透明人間になるか、時間を止められるようになるか」どちらがより楽しいのだろうと空想しながら観られる映画です。フローズン・タイムでは、時間を自由に止めることができる主人公(ショーン・ビガースタッフ)がスーパーマーケットで買い物をしている女性をすべて裸にするシーンがあります。

そこで裸にされてしまう女性のひとりがキーリー・ヘイゼルです。主人公以外の人やものはすべて止まっているのでやりたい放題です。ジーンズを膝まで下げられてパンティは丸見え、着ているTシャツをまくり上げられて胸も丸見え、そんな姿にされたキーリーは彼が描く絵のヌードモデルとなります。ほかの女性もすべて同じです。時間が止まった世界で自分の意志とは関係なく裸にされます。

ただし、この映画は純粋に女性の裸体を美しいと思う美大生の話ですから、時間が止まっている間に胸や尻を触るといったような下衆なことは一切しません。

備考(作品の総評や写真集情報など)

フローズン・タイムで女優がヌードになるシーンは大きく分けて3つ(10名弱)あります。キーリー・ヘイゼル以外は有名女優ではありませんが紹介します。

ひとつ目は、主人公が幼い頃に、彼の家へホームステイにやってきたスウェーデン人学生(ヘイリー=マリー・コッピン)のヌードシーンです。「スウェーデン人は、風呂上りに裸で家を歩き回る」と主人公が回想するシーンです。オリジナル版ではヘイリーの性器まで見えていますが日本版ではぼかしが入ります。

ふたつ目は、先述のキーリー・ヘイゼルがヌードになるスーパーマーケットのシーンです。ヌードになる女優で名前がわかっているのは、DVDのパッケージになっているイリーナ・バガチぐらいですが、ほかにも数名の女優がヌードになります。

みっつ目は、誕生日パーティーに呼んだストリッパーのジャニーン=メイ・ティンスレーです。生尻をひっぱたかれたりしながらセクシーなダンスを見せてくれます。

それと、バストトップは隠しているストリッパー(ビアンカ・ドレイクス)や細かいところでは、劇中に登場するヌード雑誌に載っている数名のモデルが裸です。ヒロインのエミリア・フォックスは着替えの際にブラジャー姿になります。

現実なのか虚構なのか、何なのかわからない独特な雰囲気のままふわっと始まり、そのままの感じで終わります。ただし、ラストはとても素敵です。個展会場に掛けられている絵を見たときに、どんな絵がそこに展示されているか想像できていたにも関わらずじわっと涙が出てきました。最後の数分間は最高です。

透明人間になるより、時間を止められた方が楽しいのかもしれないなと思いました。

イメージ画像・フィルモグラフィ(外部サイト)

  • IMDb.com - Keeley Hazell
  • Mr.Skin - Keeley Hazell
  • Celebrity Movie Archive - Keeley Hazell

関連するタグ一覧