オ・ウジョン「妻が結婚した」のヌードシーン

  • 原題/英題: My Wife Got Married
  • 韓国
  • 2008年

Oh Woo-Jeong 1983年生(34歳 デビュー以来、多くの有名作品に出演しているが役名のないものが多い。映画「ファム・ファタール」「用意周到ミス・シン」「甘いウソ」などに出演

妻が結婚した パッケージ画像

ヌードの解説

濡れ場に入る前のシーンでヌードになります。濡れ場自体はほとんど描かれていないので、オ・ウジョンの乳首が見られる時間は非常にわずかです。

オ・ウジョンのヌードシーンはこの映画に必要ないような気もしますが、主演のソン・イェジンが乳首を見せないので代わりに彼女が一肌脱いだといったところでしょう。脇役が脱ぐことによってメインも脱いだような錯覚を起こさせる――エロティックな映画だったと印象を残すための常套手段です。

備考(作品の総評や写真集情報など)

この映画では、ソン・イェジンもかなりエロティックな濡れ場を見せてくれます。今までに観た彼女のセクシー映像の中で最もきわどく、エロティックと感じました。恋人であるキム・ジュヒョクとの初めてのセックスシーンで横乳や背中、腰などが見られ、表情や声もとても良いです。やや薄暗い中で行われますが、乳首周辺ぐらいまで見えているカットもあります。所々でボディ・ダブルを使っている可能性も否定はできませんが、顔と身体がワンショットで撮影されているところもたくさんあるので、本人が演じていると思って良いでしょう。

キム・ジュヒョクとソン・イェジンがお互いに淫語を言い合ってじゃれてみたり、家の中では常にくっついていたりと、映画の前半は非常に楽しめます。ただ、途中からやや理解できない方向へ話は進み、それが最後までずっと続くので全体を通してみると評価はあまり良くありません。

タイトルやストーリーが奇想天外なものなので、何か話の裏があるのかと期待してしまいますが、オチの部分が弱く期待はずれに終わります。

イメージ画像・フィルモグラフィ(外部サイト)