遠野なぎこ「海は見ていた」のヌードシーン

  • 日本
  • 2002年

とおのなぎこ 1979年生(37歳 身長164cm.B76.W59.H85 - 子役出身の女優。ドラマ「未成年」では脇役(カー子役)ながら存在感のある女性を演じてみせた。代表作は朝ドラ「すずらん」映画「おこげ」など(別名: 遠野凪子、青木秋美)

海は見ていた パッケージ画像

ヌードの解説

江戸時代に花街として栄えた深川で客をとる遊女を演じています。遠野凪子さんのヌードシーンは2箇所です。

ひとつは、事件を起こして追っ手から逃げている侍(吉岡秀隆)をかくまうシーン。あたかも、遊女と常客が一晩を共にしているかのごとく装い追っ手を追い払います。遠野凪子さんが裸になることで目のやり場に困った追っ手が深追いできないような空気を作り出しています。

もうひとつは、永瀬正敏さんとの濡れ場です。過激と言えるほどエロティックな濡れ場ではありませんが、永瀬さんに胸を揉まれるなど、身体的な接触は見られます。激しく感じ過ぎたり、エロティックになり過ぎたりすることはこの作品にそぐわないので、わざと演技を抑えているように見えます。

海は見ていたに出演している女優

備考(作品の総評や写真集情報など)

遠野凪子さんの先輩遊女を演じている清水美砂さんの背中側からのヌードや横乳が見られます。また、同じく遊女役の河合美智子さんは、着物をはだけ胸上ぐらいまで見せるシーンがあります。

吉岡秀隆が登場する最初のパートは、これからどんな物語が展開するのだろうとワクワクしながら観られたのですが、そのパートが終わると途端に話がバラバラになってしまいます。4つか5つぐらいの話を無理矢理にくっつけたような映画です。ただ、ラストシーンを観終えた後は、「まあ、これはこれで良いか」と思え、さっぱりとした気分になりました。

特典映像にあるインタビューでの遠野凪子さんの話し方が、演技をしている時のそれと全く違うことに驚きました。ドラマ未成年や今作で見せる、男性に媚びるような独特の話し方は、すべて演技のようです。なかなかの女優です。

青木秋美、遠野凪子、遠野なぎこの順に改名。

DVDの詳細情報

作品名:
海は見ていた
監督:
熊井啓
出演:
清水美砂 / 遠野凪子 / 永瀬正敏 / 吉岡秀隆 / 石橋蓮司
発売日:
2003年1月22日
収録時間:
119分
  • Amazon.co.jpでレビューを見る

イメージ画像・フィルモグラフィ(外部サイト)

  • タレント情報
  • 公式サイト
  • Wikipediaでプロフィールを見る

[PR] 遠野なぎこに関連するDVD・映画