パン・ウンジン「受取人不明」のヌードシーン

  • 原題/英題: Address Unknown
  • 韓国
  • 2001年

Bang Eun-Jin 1965年生(51歳 身長166cm.B84.W61.H86 - 映画「ミスにんじん」や「キッチン~3人のレシピ~」に出演。マニア向け作品からメジャーまで幅広く出演する。米国で暮らしていた時期があり英語は達者。2004年頃からは映画監督としても活動しており東野圭吾原作の「容疑者X 天才数学者のアリバイ」などを監督している

受取人不明 パッケージ画像

ヌードの解説

息子を演じているヤン・ドングンに服を脱がされてヌードになるシーンが2箇所あります。濡れ場はありませんが、上半身裸になっている時間は長いのでパン・ウンジンの胸ははっきりと見えます。

息子は実母の服を脱がして何をしているのか? すべてを書くと長くなってしまうので息子の目的だけを端的に書くと、母の乳房に刻まれた忌まわしき刺青を消そうとしているのです。時には乱暴に、時にはやさしく湯で身体を洗ってあげながら、虎視眈々と刺青を狙っています。

備考(作品の総評や写真集情報など)

主役の一人であるパン・ミンジョンは、下着になったり、横乳が見えたり、犬に股間を愛撫させる(いわゆるバター犬)シーンがあります。また、アメリカかぶれした不良少年が持っているポルノ雑誌にモデルのヌード写真が載っています。

受取人不明は、在韓米軍に翻弄される韓国、および韓国人を描いています。特典映像のキム・ギドクインタビューで監督本人が語っている通り、戦後の沖縄で起こっていることと同じことが韓国でも起こっています。監督は、米軍が駐留するアジア諸国でも同じことが起こっているとも語っています。

現地女性が駐留米兵と恋に落ち、そして生まれた子供のこと。米兵が本国に帰るときに、恋人の胸に刺青を残してゆくこと。その刺青を見ながら、戻ってくるはずのない米兵を待ち続ける現地の女性が絶えないこと。これらのことを母親の懐古シーンとして映しだすのではなく、現在進行中の物語と重ねて――過去から現在までずっと同じことが繰り返されていると描くところが斬新です。さらに、直接的に描いていない部分にも目を見張るポイントはいくつもあります。例えば、母と子の年齢が近いことはそのひとつです。劇中では全く触れていませんが、恋人とも見間違うほどの年齢差しかない母子にしているのにも特別な意味が込められているのでしょう。

最後にキム・ギドク作品で必ずチェックしている水辺のシーンと顔を覆う仕草は、前者はなし、後者はありです。後者は、キム・ギドクの典型的なパターンに合致しています。ポルノ雑誌にある米国人モデルの目を切り抜き、失明している女性の目に貼り付けるところは奇行にしか見えないのですが、これがキム・ギドクです。そして、この行動が物語の転換期を示唆しています。

パン・ウンジンは、ほかにも登録作品があります

この画像のライセンスについて

DVDの詳細情報

作品名:
受取人不明
監督:
キム・ギドク
出演:
ヤン・ドングン / キム・ヨンミン / パン・ミンジョン
発売日:
2010年3月26日
収録時間:
119分
  • Amazon.co.jpでレビューを見る

イメージ画像・フィルモグラフィ(外部サイト)

  • Mr.Skin - パン・ウンジン

関連するタグ一覧