石井あみ「ヒーローショー」のヌードシーン

  • 日本
  • 2010年
  • R15+

いしいあみ 1980年生(36歳 身長160cm.B83.W59.H86 - 身体のラインがとてもセクシー。顔は童顔で幼くも見えるが美形で品の良さが感じられる。映画「パッチギ! LOVE&PEACE」バラエティ番組「ワンダフル」などに出演

ヒーローショー パッケージ画像

ヌードの解説

長い長い暴力事件の発端となる女性を石井あみさんが演じていて、ヌードは松永隼さんとのコスプレセックスシーンにあります。

ピンク色のナース服を着た石井あみさんが四つん這いになり、男性のほうに尻を突き出しているカットから濡れ場は始まります。ナース服は腰のあたりまでまくり上げられているためパンティが見えている状態です。男性の口から発せられる言葉攻めと尻を叩かれることへの快感から激しく悶える石井さんは、四つん這いのままくねくねと腰を動かしたり、激しく声を上げたりします。表情もしっかりと見ることができます。

続いてベッドの上でひっくり返され、仰向けにされます。ナース服のボタンは初めから外れているので乳首が見え、そのまま男性が持っている聴診器で乳首や胸を撫で回されます。乳首が映っている時間は20秒程度です。さらに、ここでのヌード姿がのちに携帯電話の画面に映し出されます。胸は小さいですがウエストやヒップのラインは美しく、色気のある身体です。

設定では、セックスをしたことになっていますが、映像として描かれているのはここまでです。また、二人の言動から石井さんはM、松永さんはSということが見て取れます。

備考(作品の総評や写真集情報など)

後藤淳平さん(ジャルジャル)の恋人を演じているちすんさんは、彼とディープキスを交わし、その後に服の上から胸を揉まれます。

次々に連鎖してゆく事件を整理できないままどんどん突き進む「彼ら」と同じように、状況を整理できないままクライマックスまで一気に時間が過ぎ、映画の中で起こっている暴力事件の真っ只中に自分がいるような錯覚に陥りました。演技が下手な芸人や色の付いていない無名俳優がどこにでもいる若者を感じさせ、映画にリアリティを与えているのだと思います。好き嫌いは別にして、この映画がこの時代を記録しているのは間違いないです。

DVDの詳細情報

作品名:
ヒーローショー
監督:
井筒和幸
出演:
後藤淳平(ジャルジャル) / 福徳秀介(ジャルジャル) / ちすん / 米原幸佑(RUN&GUN) / 桜木涼介
発売日:
2010年11月26日
収録時間:
170分
  • Amazon.co.jpでレビューを見る

イメージ画像・フィルモグラフィ(外部サイト)

  • タレント情報
  • 公式ブログ
  • Twitter - いしいあみ
  • Wikipediaでプロフィールを見る

[PR] 石井あみに関連するDVD・映画