エリザベス・アンウェイズ「娼婦の羽」のヌードシーン

  • 原題/英題: HERs
  • アメリカ 韓国
  • 2007年

Elizabeth Anweis 身長173cm.B81.W69.H91.Aカップ - アメリカで活躍するアジア系女優。ドラマ「ロー&オーダー: ロサンジェルス」にゲスト出演したこともあるが主な活躍の場は短編映画。短編では脚本や監督を務めたこともある。2010年頃に現在の名前になる。(別名: エリザベス・ワイスバウム)

娼婦の羽 パッケージ画像

ヌードの解説

娼婦の羽は、アメリカが舞台になっている3部構成のオムニバス映画で、それぞれ別の韓国系女優が20歳代、30歳代、40歳代の娼婦「ジナ」を演じています。3人の「ジナ」は、職業と名前は同じですが同一人物というわけではありません。

エリザベス・アンウェイズ* は、第2部に登場し、着替えや買春客の前で何度かヌードになります。濡れ場もありますが娼婦と客という関係なので、愛撫されたりすることはなく、表情や声もほとんどありません。
* クレジットはエリザベス・ワイスバウム

備考(作品の総評や写真集情報など)

第1部で娼婦を演じているブロンドの女性が乳首をあらわにしています。

20歳代のジナを演じているキム・ヘナは、ブラジャー姿や背中側からのヌードショット、トイレでセックスをするシーンがあります。また、40歳代のジナを演じているスージー・パークは、下着姿になったり、全裸で体育座りをします。両者とも乳首は見えません。

イメージ画像・フィルモグラフィ(外部サイト)

  • IMDb.com - Elizabeth Anweis