リンジー・ローハン「マチェーテ」のヌードシーン

  • 原題/英題: Machete
  • アメリカ
  • 2010年
  • R18+

Lindsay Lohan 1986年生(31歳 身長165cm.B91.W58.H84 - アメリカ出身の女優・歌手。巨乳とそばかすがチャームポイント。「世界で最もセクシーな人物」で1位を獲得したこともあるが2000年代後半からは薬物などの依存症に悩まされ刑務所と更生施設を行ったり来たりして人気も低迷している。代表作は映画「フォーチュン・クッキー」「ラッキー・ガール」など

パッケージ画像はありません

ヌードの解説

リンジー・ローハンのヌードシーンに関しては、映画の特殊な事情もあり、複雑になっているのでひとつずつ順を追って説明します。

まず、(監禁中の)リンジー・ローハンとアリシア・レイチェル・マレクは、設定の上では常に全裸でいることになっています。ただし、リンジーは、胸まで垂らした長い髪の毛でバストトップを隠しているので、横乳やへそ、太ももが適当に見える程度です。

上記のことを前提として物語は進み、1時間20分辺りにあるシーンで、気絶から目覚めたリンジー・ローハンがゴソゴソと動いているうちに髪の毛がずれて乳首が見えます。スロー再生で確認しなければ見落としてしまいそうなシーンですが、2カットで乳首が見えています。

ちなみに、監禁前に自宅プールでバストトップまで完全に見せているリンジーは、ボディ・ダブルです。正確に言えば、このシーンは2007年に製作された映画グラインドハウスの偽予告編の映像をそのまま使用していて、その時点でキャスティングされていた女優がヌードになっています。本編製作段階で、その女優ではなくリンジー・ローハンが同役にキャスティングされたので、映像に矛盾が生じています。(この辺りの事情を詳しく書くと、ヌードの解説からどんどん離れてゆくので、詳細が気になる方は映画情報サイトなどでご確認ください。)

マチェーテではこの女優も脱いでいます

備考(作品の総評や写真集情報など)

ジェシカ・アルバがシャワーシーンで全裸になっています。全身のショットですが、横からのアングルなので乳首と尻の割れ目は見ることができません。お腹部分を加工してあるということで公開前に話題になったシーンです。また、未公開シーンでは、セクシーな衣装を身につけたジェシカがベッド上で男性にまたがる姿を見ることができます。ミシェル・ロドリゲスとシェリル・チンは、それぞれブラジャー姿、ビキニ姿になります。

キル・ビルを彷彿とさせる、やりたい放題の映画で面白いです。メッセージもわかりやすく、はっきりと伝わってきます。

リンジー・ローハンは、ほかにも登録作品があります

この画像のライセンスについて

イメージ画像・フィルモグラフィ(外部サイト)

  • IMDb.com - Lindsay Lohan
  • Mr.Skin - Lindsay Lohan
  • Celebrity Movie Archive - Lindsay Lohan
  • Twitter - Lindsay Lohan
  • Wikipediaでプロフィールを見る

関連するタグ一覧

[PR] リンジー・ローハンに関連するDVD・映画