ソニア・キンスキー「神の子どもたちはみな踊る」のヌードシーン

  • 原題/英題: All God's Children Can Dance
  • アメリカ
  • 2008年

Sonja Kinski 1986年生(31歳 身長175cm.B86.W61.H86 - 褐色の妖精。女優ナスターシャ・キンスキーの娘で欧州を中心にモデルとして活躍している。映画「SOMEWHERE」「Dark Hearts」に出演

神の子どもたちはみな踊る パッケージ画像

ヌードの解説

ソニア・キンスキーは、主人公・ケンゴ(ジェイソン・リュウ)の恋人を演じていて、セックスの前後シーンでヌードになります。濡れ場自体の描写はありません。

ヌード姿が画面に映っている時間は約30秒あり、トップレスで直立した姿やキス、うつぶせに寝ている時の美しい尻などを見ることができます。全体的に動きは少なめですが、ちょっとしたことで小刻みに揺れる乳房の様子からもちもちの柔肌であるということはうかがえます。

また、動きはありませんが、現像中の写真やメールに添付された画像でもソニア・キンスキーのヌードを見ることができます。

備考(作品の総評や写真集情報など)

掲示板で教えて頂いた作品です。いつもありがとうございます。

舞台はアメリカ。ケンゴという日本人のような名前を持つ主人公。見た目は、若干アジアを感じる程度。実のところ日本に縁はなく、ケンゴの母親は中国系。複数の宗教が混ざり合ったような新興宗教を信仰している。そんな母子が住んでいるのは、ハングルで書かれた派手な看板が際立って見えるコリアタウン。周囲の人々はコリア系ばかり。

一見すると、ハチャメチャでアジアのことを全くわかっていない制作者が適当に作ったような設定に見えますが、これはすべて計算されたものです。無国籍・多人種の人々が混在するアメリカ社会で、自分の父親を知らないケンゴが、アイデンティティやルーツを探し求め、もがき苦しみ、そして解放されます。ちなみに、ヒロイン・サンドラ(ソニア・キンスキー)の詳細設定は出てきませんが、ソニア自身はエジプト人とドイツ人の間に生まれたアメリカ人(出生地はスイス)です。

数ヶ月後に「どんな内容の映画?」と聞かれたら正確に答えられる自信はありませんが、観ている間は非常に心地良かったです。

DVDの詳細情報

作品名:
神の子どもたちはみな踊る
監督:
ロバート・ログバル
出演:
ジョアン・チェン / ジェイソン・リュウ / ソニア・キンスキー / ツィ・マー
発売日:
2011年5月3日
収録時間:
85分
  • Amazon.co.jpでレビューを見る

イメージ画像・フィルモグラフィ(外部サイト)

  • IMDb.com - Sonja Kinski
  • Mr.Skin - Sonja Kinski

関連するタグ一覧

[PR] ソニア・キンスキーに関連するDVD・映画