水沢アキ「やさしい手」のヌードシーン

  • 日本
  • 2010年

みずさわあき 1954年生(63歳 身長157cm - 1970年代から1980年代まで多くの雑誌・写真集で健康的な身体(B85.W63.H88)を見せたアイドル女優。水着になることを止めてからもテレビ・ラジオ・CMなどで長年にわたり活躍を続けている。ドラマ「JIN-仁-」「ザ・商社」などに出演

やさしい手 パッケージ画像

ヌードの解説

濡れ場や手コキ、自慰、シャワーシーンなど、セクシーシーンはいくつかありますが、水沢アキさんの乳首が見えるのは終了間際にあるシャワーシーンの1カットのみです。顔と身体は別カットになっていて、本人の身体でないことも考えられますが、現実的には、これだけのためにわざわざボディ・ダブルを用意しているとは思えず、ご本人もインタビューでヌードになったと仰っているので、水沢アキさんが脱いでいると考えて間違いないでしょう。(シャワーシーンで尻や背中は何度も見せています。)

他のシーンについても少し触れておくと、濡れ場は宮川一朗太さんとのものです。このシーンが最大の見せ場になるものと思っていましたが、水沢さんはシーツにくるまったままで最後まで肩より下を見せることはありません。何度もある手コキシーンは、行為を行なっているというイメージのみで映像はありません。自慰については、太ももをさすりながらあえぐような仕草を見せています。

やさしい手に出演している女優

備考(作品の総評や写真集情報など)

掲示板で教えて頂いた作品です。いつもありがとうございます。

風祭ゆきさんは、水沢アキさんが働く風俗店のオーナーとして登場し、一度だけ手コキをして見せるシーンがあります。大竹一重さんは風俗店の女性を演じていて、こちらも一度だけおしぼりを男性器に見立てて手コキをするシーンがあります。両者とも服を脱ぐことはありません。

映画の内容は、借金の取立てにあえぐ水沢アキさんが風俗店(手コキ専門)で働き始め、最終的には行列ができるほどの人気風俗嬢になるというものです。「何でこれを映画にしたの?」「こんな内容ならもっと若い娘にやらせれば良いのに…」などと考えてしまい、鑑賞中に笑いがこみ上げてきました。

ヌード写真集

DVDの詳細情報

作品名:
やさしい手
監督:
--
出演:
水沢アキ
発売日:
2011年7月8日
収録時間:
80分
  • Amazon.co.jpでレビューを見る

イメージ画像・フィルモグラフィ(外部サイト)

  • タレント情報
  • 公式ブログ
  • Wikipediaでプロフィールを見る

関連するタグ一覧

[PR] 水沢アキに関連するDVD・映画