イ・ボヒ「膝と膝の間」のヌードシーン

  • 原題/英題: Between the Knees
  • 韓国
  • 1984年

Lee Bo-Hee 1959年生(58歳 身長165cm - 1983年公開の映画「一松亭の青松は」で新人女優賞を受賞して以降、国内の映画賞で何度も賞を受賞している。韓国を代表する女優のひとり。2000年以降はドラマへの出演も増え、毎年数本ものドラマに出演している。ドラマ「怪しい三兄弟」「オレの女」映画「食客2」などに出演

膝と膝の間 パッケージ画像

ヌードの解説

イ・ボヒの乳首が見えているシーンは、3箇所です。

ひとつ目は、雨が降りしきる屋外で行われるセックスシーン。服を着たまま行われるので完全なヌードとは言えませんが、ずぶ濡れになった服が肌にぴったりとくっついて乳首が透けて見えます。濡れ場は、2分以上続き、そのうち乳首が見えているのは1分弱程度です。

ふたつ目は、着替えシーン。乳首が見えるのは一瞬ですが、こんがりと焼けた小麦色の肌に、ビキニのあとがくっきりとついていてセクシーです。

みっつ目は、入浴シーン。画面(スクリーン)の下端にちょうど乳首がかかるようなアングルで撮影されていて、肩を上下に動かすたびに乳首が画面内に入ったり、外へ出たりする面白いシーンです。5秒程度のシーンで着替えの時と同様に日焼けあとがはっきりと見えています。

今作は、イ・ボヒが行く先々でレイプ(未遂含む)されるという異色の物語で、上記以外にも映画館やビーチ、芝生の上、車の中と、ありとあらゆる場所で性行為が行われます。

備考(作品の総評や写真集情報など)

イ・ボヒの腹違いの妹を演じているイ・ヘヨンが、尻やブラジャー姿を見せています。

イメージ画像・フィルモグラフィ(外部サイト)