チ・スウォン「愛人 もうひとりのわたし」のヌードシーン

  • 原題/英題: Vanishing Twin
  • 韓国
  • 2000年

Ji Su-Won 1969年生(47歳 身長170cm - 韓国版「デスパレートな妻たち」とも呼ばれ人気を博した高視聴率ドラマ「愛は簡単じゃない」で四姉妹の長女プンランを演じるなど、現在は主にドラマで活躍する。俳優のキム・スンスは元恋人。ドラマ「笑って、ママ」「いるときに尽くして」などに出演

愛人 もうひとりのわたし パッケージ画像

ヌードの解説

チ・スウォンの濡れ場は4回あり、その内の3回で完全なヌードを見せています。

濡れ場は、段階的に激しさが増すような作りになっていて、初めは服を着たまま胸を揉まれる程度だったものが、次は服を脱がされ胸を愛撫されるようになり、最終的には約4分もある長尺の濡れ場へと変化してゆきます。

前半の濡れ場は、中途半端な所で終わってしまうので、チ・スウォンも鑑賞者もお預けのまま我慢するしかありませんが、最後の濡れ場では、挿入段階まで滞りなく描写されていて、満足感の中でエンディングを迎えられるようになっています。

備考(作品の総評や写真集情報など)

チ・スウォンの幼い頃を演じているキム・インギョンのブラジャー姿や家政婦を演じているチャン・ミョンヒの濡れ場(乳首露出なし)も見ることができます。ちなみに、DVDパッケージ画像で体操座りをしている女性は、チ・スウォンではなくキム・インギョンのように見えます。さらに、背景にある女性のヌード写真もチ・スウォンの身体ではなく、別人のものと思われます。スウォンは、これほど巨乳ではありません。

原題は、「バニシング・ツイン」で、双生児のうちの一人が母親の胎内で流産し、片方だけが生まれてくる医学的な現象を指しています。見当違いの邦題やパッケージ画像は、日本の販売元が販促戦略として行っているものです。

イメージ画像・フィルモグラフィ(外部サイト)

  • Mr.Skin - チ・スウォン

関連するタグ一覧