仲村みう「a will 仲村みう」のヌードシーン

  • 日本
  • 2011年

なかむらみう 1991年生(25歳 身長157cm.B81.W54.H80 - 2005年に14歳でグラビアアイドルとして活動を始める。年齢にそぐわない大胆な水着で話題を集め、2006年にはミスヤングマガジンに輝いている(同年のグランプリは倉科カナ)2009年にグラドル引退を表明するも2011年に復帰をしてヘアヌード写真集とIVをリリース(別名: 元仲村みう)

a will 仲村みう パッケージ画像

ヌードの解説

仲村みうさん、最初で最後のヘアヌード・イメージビデオです。スタート直後にヌードを見せて以降、チャプター7を除くすべてのチャプターで乳首を見せています。アンダーヘアに関しても半分以上のチャプターで見せており、「どこでヌードになるの?」というような心配は一切せず落ち着いた気持ちで最後まで観られる作品です。

チャプターごとのテーマと簡単な内容を紹介します。(見出しはこちらで勝手に付けています)

  1. 目覚めのソフトオナニー…大きめのTシャツ(ノーブラ)に白パンティという姿で登場し、ベッドの上でゴロゴロしながらTシャツを脱ぐ。パンティの中に指を入れ、軽く股間あたりを触りながらうっとりした表情を見せる。
  2. 黒下着で女豹のポーズ…下着姿で尻を突き出すように女豹のポーズ。バスルームに移動してトップレスになる。
  3. ビルの屋上…赤色のTバック姿でビルの非常階段を上り、屋上で全裸になる。初ヘアヌード。
  4. 草原の少女…麦わら帽子にワンピースといった清楚な衣装で草原に立っているところからスタートするものの、すぐにワンピースのボタンを外して乳首とヘアを見せる。
  5. 荒れる海を背景に…乳首が透けているワンピースで岩場に仁王立ち。ワンピースが徐々にはだけてゆき、最後はヘアヌード姿を見せる。
  6. 大人の色気…水色を基調としたシースルーランジェリー姿で登場。大きく股を開いたり、ブラジャーの中に指を入れたりして、挑発するようなポーズをとる。
  7. バーカウンターでM字開脚…紫色の下着姿で立ったままカウンターに両手をつき、カメラに向かって少し尻を突き出す。そのまましゃがんでM字開脚。ソファーに移動して大きく股を開く。下半身を中心に見せており、唯一乳首を見せないチャプター。
  8. 廃屋で…緑色の水玉Tバック姿で、尻や股のアップ。上下ともシースルー素材で乳首やヘアが透けて見える。股間部分のアップで性器が見えてしまっているようにも見えるが、生地の縫い目と思われる。
  9. 全裸ハイヒール…ピンク色のシースルー・ネグリジェでベッドにペタン座り。ハイヒールを履いた後、ネグリジェとパンティを脱ぐ。指を噛んだりして、うっとりとした表情を見せる。
  10. 蜘蛛を宿す美女…蜘蛛がデザインされた蜘蛛の巣のような紐を身につけてバーのカウンターに寝そべる。うつ伏せ、仰向けで全裸姿を丹念に撮影。
  11. 私はドール…シースルー衣装で頭にリボンを付け、人形のようにたたずんでいる。乳首が見えるカットは少ない。
  12. エロティック・ハスラー…ショッキングピンクの下着と網タイツでビリヤードしたり、キューを股に挟んだりする。ブラジャーは、胸の下部分だけを支えるタイプのもので、乳首は丸出しになっている。
  13. 少女から遊女へ…遊女のような真っ赤な着物で、前をはだけさせ、汗ばんだ肌を見せる。胸を寄せたり、指を噛んだりしながら悶える姿がセックスを連想させる。
  14. 白壁のバスルーム…赤色のアロハシャツだけを羽織り、シャワーに打たれたり、湯船に浸かったりする。ヘアにしたたる水がエロティック。
  15. 場末のスナック…スナックのカウンターでドレスの肩紐を外してバストを見せる。続いてモゾモゾとスカートの中に手を入れてパンティを脱ぎ、ドレスも完全に脱いでヘアヌードになる。
  16. 涙の意味…無造作に着たワンピースから乳首とヘアを見せる。その後、布団の上で泣き崩れる。
  17. 闇夜の海岸…何かから逃げるように草原を走り、夜のビーチにたどり着く。すべてを脱ぎ捨てて波ぎわで仁王立ちしたり、寝そべって天を仰いだりする。パッケージ画像のシーン。

備考(作品の総評や写真集情報など)

ヘアヌード写真集

仲村みうは、ほかにも登録作品があります

この画像のライセンスについて

イメージ画像・フィルモグラフィ(外部サイト)

  • 公式ブログ
  • Twitter - なかむらみう
  • Wikipediaでプロフィールを見る

[PR] 仲村みうに関連するDVD・映画