シム・イヨン「坡州(パジュ)」のヌードシーン

  • 原題/英題: Paju
  • 韓国
  • 2009年

Sim I-Yeong 1980年生(37歳 身長165cm - 細身微乳。2000年、映画「リアル・フィクション」(キム・ギドク)で女優デビュー。主役のチュ・ジンモをビデオカメラで撮り続ける謎の少女を演じる。2010年公開のオムニバス映画「カメリア」では吉高由里子、ソル・ギョングとも共演し、脇役ながら存在感のある演技を披露した。ドラマ「メリは外泊中」「ロー・ファーム法律事務所」などに出演(別名: キム・ジナ)

坡州(パジュ) パッケージ画像

ヌードの解説

シム・イヨンは、イ・ソンギュンの妻を演じ、彼を挑発するシーンや濡れ場などで、30秒程度ヌードになっています。

まずは、全裸になり、夫のいるベッドに潜り込むシーン。尻や横乳が7、8秒映ったあとで、乳首が3秒程度見えます。続いて、座り込んで泣きわめくシーンで10秒弱。正面から撮影していて、人物の動きもほとんどないので、はっきり乳首を確認できます。最後に、夫との濡れ場(正常位、測位系)。乳首が見えている時間はわずかですが、胸を揉まれる様子や背中を舐められて感じる様子などを見ることができます。

備考(作品の総評や写真集情報など)

掲示板で教えて頂いた作品です。いつもありがとうございます。

上記以外に、キム・ボギョンの濡れ場(ヌードなし)とソウのキスシーンがあります。相手は、どちらもイ・ソンギュン。

映画は、時間軸の変化や話の筋を意図的にわかりづらくしているフランス映画風のメロドラマ。ラストもそれっぽいです。坡州(パジュ)市を舞台にし、タイトルもそのものずばりにしているところから、この物語の背景(都市開発の方法とその結果)は現実に即しているのではないかと思いました。

シム・イヨンは、ほかにも登録作品があります

この画像のライセンスについて

DVDの詳細情報

作品名:
坡州(パジュ)
監督:
パク・チャノク
出演:
イ・ソンギュン / ソウ / シム・イヨン
発売日:
2012年5月25日
収録時間:
111分
  • Amazon.co.jpでレビューを見る

イメージ画像・フィルモグラフィ(外部サイト)

  • タレント情報